豊胸手術クリニック関係者が本音で語る!失敗しない豊胸手術の選び方

豊胸手術の失敗で人生が狂う リスクを避けるために

   

豊胸手術で胸を大きくする事を検討される女性が数多くいらっしゃいます。

しかし、誰しもが失敗したらどうしようという不安は頭をよぎったのではないでしょうか。

最近では技術がどんどん進歩していますから、症例数の多いクリニックで、最新設備と技術で施術を受ければ失敗する可能性は殆ど無くなりました。

ですが、可能性は常にゼロで無い以上、そのリスクについては正しく知っておいた方が良いでしょう。

今回は実際豊胸手術に失敗したらどうなるのか?詳しく解説していきます。

ヒアルロン酸による豊胸手術(プチ豊胸)の失敗

術後時間が経ってからヒアルロン酸がしこりになってしまうケースがあります。

質の悪いヒアルロン酸を使用したり、医師の不注意でヒアルロン酸を塊のまま注入してしまったり。

ただし、多少のしこりが出来たとしても殆ど触っても分からず、またそれに伴う悪影響もほぼありません。

ですが、何度も何度も繰り返しヒアルロン酸豊胸を行ってバストサイズを維持しようとし、

結果前回のヒアルロン酸が溶け斬る前に新しいヒアルロン酸が注入され、それが大きな塊となってしこりになってしまう・・・こういったケースはままあります。

しこりの取り除き方

ヒアルロン酸を溶かす成分を体に流し込み、しこりを取り除くことが出来ます。

また直接体内にあるヒアルロン酸を吸い出すという手法もあります。

脂肪注入による豊胸手術の失敗

脂肪注入による豊胸手術もヒアルロン酸と同様にしこりになってしまうリスクがあります。

またそうなったときに痛みが生じる事もあり、いずれの豊胸手術を受けるにしろ技術が高く、設備が整っており、症例数が豊富な美容外科を選択する事が望ましいでしょう。

国内ですと、湘南美容外科クリニックが症例数も多く、最も安心して豊胸手術を受けられるのではないかと思います。

失敗のリスクを避け、確実にバストアップするためにも信頼できるクリニックを選択してください。

 - 豊胸手術の情報